スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ブログ 移しました

使いづらかったので、ブログ新しくしました。えへ

http://d.hatena.ne.jp/papilloner/


これからはこちらをご覧くださいませ。
スポンサーサイト
2010-10-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

自分の発言が自分のイメージを決めてしまう
自分の描く絵が自分のキャパシティを想像させてしまう

自分がどうありたいかによってセルフプロデュースの仕方は変わってくる

人から見える自分に対して無頓着ではいたくない
しかしそこにとらわれてしまうのもまた無意味なこと

簡単に言えば責任を持つことなのかしら


トイレの中、一瞬の中でふと考える
シャワーを浴びてふと思い出す
トイレやシャワーって、まるで夢と現実の間みたいで凄く面白い
心がそういう感じになる
ものすっごい、自然体そのものの瞬間なのかもしれない
超プライベート空間というか


そんなわけで自分の部屋がほしいです

ああ。うちがもうちょいお金持ちだったらなー。
おばあちゃんが連帯保証人にならなければなー。
おばあちゃんが悪いんじゃない。誰も悪くない。しいていうならお金借りて返せなくて逃げた人が悪い。
この世の中はせちがらいのだ。逃げた人も責められぬ。

あの家はでかくてかわいくて素敵だった。
面白い家だった。
あの部屋、友深の部屋にできたかもしれないのになー。
2010-10-15 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

気になる作家

Gustave de Smet (ギュスターク・ド・スメット)


色が綺麗、顔が綺麗、すごくおもしろい。

芸術の道も、茶の道も、花の道もどんな道も、その道を見つけ出して作り出している人たちは心から尊敬します。
作家になりたいと思ってこの大学にいて、作家がどんなに凄いか感じています。
でも、逆に誰でもなれるんだとも思います。誰でもなるチャンスはあるという意味で。

コップの中にゴミを入れてしまった。あー間違えたった。

働いたって一人暮らしができん。そんな自分が情けない。
おやの援助なしで生きていけない。ちょっと貧乏だからって人を羨んでも意味ない。
甘えて生きてんだから。
なにその面白くない生き方。

どこにいても何をしても心が自由になれない。
作家の絵をみて、彼らの努力や苦しみと、のびのびとした筆跡と色彩に心を打たれる。
自分にできないことをしている。だからこそ尊敬する。


いつまであたしはこんなしょうもない暮らしをするんだろう。
何がなんでも、一人暮らしをするのか
我慢して ここで頑張るのか
安い家を探そう
とりあえず探そうと思う
取手になんか住みたくない
という言い方は取手に失礼でしょうか。
おやには定期代くらいしか出してもらえないだろう
奨学金の半分は学費で親にあげなきゃいけないし
残りの奨学金は家賃と食費等に消える
バイトを頑張れば
なんとかなるかもしれないよね。


覚悟を決めなくちゃ。私は前に進めないんだろう。早く消えてしまおう。
2010-10-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

林友深

Author:林友深
hayashi tomomi

絵画を媒体に、真意を見定め信念の所在を表す。
自分と対峙、自分の中の自然と対峙。

写真:左のグラサン

在籍:東京芸術大学 4年

大好き:喫茶店、川、散歩

一言:ちょうちょ ~~∞

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。