スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大学

大学へ行きました。
茨城の方の校舎です。
上野とは全然違う雰囲気です。やっぱりこっちのほうが落ち着きます。
取手は自然がたくさん。風景が広がってる。
上野には居場所も見る場所もないけど、取手には見つめる先があり、落ち着く居場所があります。

なにより、改めて大学のリアリティーを実感したのがでかかった。
教育実習によってリアリティーのある現場が大学外になっていました。
先生としている自分と、作家として銀座で絵を描いている自分が多くを占めていて大学生活を忘れかけていました。
現実が3つに分かれて、一方に寄ってしまって一方の現実味が薄れる・・・パラレルワールド化していました。

でも今日大学に行って、制作して
クラスメイトに意見を聞いて、的を得た鋭い指摘をされて
ハッとして目が開いた。何か決壊が崩れた感じに涙が出て来た。
相手の言葉にグっときて、衝撃があってショックもあったけど
それ以上に見抜かれてる、見透かされてる、さんざん付き合ってきて私のことも私の作品のこともよく知ってる人からの視点とか
友達としての温かさとか

グっときて、ダム崩壊した。


リアリティーは1つじゃないんだな。って思った

色々なリアリティーのある色々な場(コミュニティーなど)があるし
そこを行ったり来たりすることって大切なことなんだって
大切というか。自分を保つためにも、立ち止まったりとどまったりするよりよっぽど自然でよっぱど自由だって

なんかみんなありがとう。



最近あらゆることが実感を持って心に刻まれる出来事が多い。
なんでだろう。

そして自分がポジティブ過ぎて恐ろしくなったりもする。

去年の今頃も、エネルギーに溢れてたし
冬になったら ふにゃふにゃになったし
冬が心配だ

でもきっと今は、体に溜まったパワーを全て出し尽くすことが私にできるベストなんだろう。

絵で食っていけるか心配過ぎて泣ける!

表現することは、とてつもなく難しいことだね。

ピカソ。クラスメイトのみんなぁ ありがとう

長年連れ添った(?)だけのことはあるよね。大変ためになる一日でした。

早速これから制作です。今夜も明日も、頑張ろう。
スポンサーサイト
2010-07-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

林友深

Author:林友深
hayashi tomomi

絵画を媒体に、真意を見定め信念の所在を表す。
自分と対峙、自分の中の自然と対峙。

写真:左のグラサン

在籍:東京芸術大学 4年

大好き:喫茶店、川、散歩

一言:ちょうちょ ~~∞

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。